水嶋ヒロの小説の訂正シール

 水嶋ヒロが書いた小説の本文最後のページに訂正シールが貼ってあるということを聞きました。本屋さんに行って、どんなシールか、どのように貼ってあるかを確認しに行こうと思いました。本屋さんに行く前に、インターネットで検索して、訂正箇所を確認しました。


 そして、昨日、本屋さんに行きました。私が見た本は、第5刷でもともと正しく印刷されていて、訂正シールは貼ってありませんでした。訂正シールが貼ってあるのは、初版のみなのでしょうか。


 でも、インターネットで、実際の訂正シールを貼ってある本の写真を掲載している方のブログを見ました。この訂正シールは、小さくて本当に貼りにくいですね。そもそも、ハードカバーの本の本文に、訂正シールを貼るというのは、ほとんど聞いたことがありません。


 パンフレットの訂正シールは、弊社でもよく作成しますが
、シールを貼りやすいように、例えば、表の一部分だけが間違っていたとしても、表全体の訂正シールを作成します。大きいシールの方が貼りやすいからです。


 この小説が発売されるいきさつが書かれた週刊誌も読みました。「ある取次所では、30人で6,000冊に修正シールを貼った」と書いてありました。弊社でも、訂正シールのご注文は、よくいただきますが、「何人で訂正シールをお貼りになりますか」と質問したことはありません。何人で貼るかということを具体的な数字で知ったのは、今回が初めてです。例えば、3万枚の訂正シールとしても、「何人で貼るのかな」と思うぐらい多い数で、本当に大変です。この本の訂正シールを貼った皆さんは、本当に大変でしたね、とねぎらいたいと思います。
***オリジナルシールのお見積もり依頼は、下記までお願いします。
24時間以内(土日祝日は数えずに)にお返事します。
お急ぎの場合には、何時何分までに要返信と明記してください。***

尚英印刷(しょうえいいんさつ)株式会社
FAX 06-6754-2354 見積り依頼fax用紙
E-mail seal@shoeip.co.jp
見積り依頼フォーム

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年12月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:話題のこと

このページの先頭へ

イメージ画像