ラミネート加工

1枚からオリジナルシールを承ります

シール印刷専門会社です。昭和29年創業。尚英印刷株式会社  〒544-0001 大阪市生野区新今里1-12-22 TEL 06-6752-9881 担当者:嶋岡利恵(しまおかとしえ)

表面のP貼(ラミネート)加工

  P貼加工というのは、シールに印刷した表面に、透明膜を貼ることです。 イメージとしましては、透明のセロハンテープを貼る感じです。P貼加工を しましたら、シールがこすれても、インキがとれることがありません。

 

 屋外用のシール(車に貼るなど)の場合には、P貼加工をされた方がいいです。屋内用のシールでも、 電話に貼る、パソコンに貼る、テレビのリモコンに貼る、家電製品(炊飯器など)に貼るなど、手でさわるものに貼るシールの場合には、P貼加工した 方がよろしいです。

 

 P貼加工をしましたら、つやがでます。例えば、「消銀テトロン」のように つやがない材料に、P貼加工をすると、つやが出ます。

 

 P貼加工を一番よく行う材料は、屋外用で白色の「合成紙ユポ」、やぶれない銀色の「テトロン」です。 車に貼ったり、屋外に長時間貼るシールの場合には、必ずP貼加工しています。

 

 でも、P貼加工自体は、凹凸がない滑らかな材料になら、何にでも可能です。

 

 ですから、 つやがない白色の紙の「上質紙」にP貼加工をすることも理屈的には可能です。ただ、用途として こういうことをしても、意味がありませんので、今までに上質紙にP貼加工をしたことはありません。

 

 弊社からはあまりすすめませんが、お客さんからは、少しつやがある白色の紙の「アート」に P貼加工をご希望されることが時々あります。アートはやぶれる材料ですので、P貼加工をしても 屋外にこのシールを貼って、雨に降られると、シールはやぶれてしまいます。

 

 シールのお見積もり依頼は、こちらのページからどうぞ。

 

営業品目のページに戻る

 

この記事に関連する記事一覧

フェイスブックページ
  fbページ検索用ブログ
カテゴリー
お問い合わせなど
アクセスカウンター