全国高校駅伝女子で優勝した大阪薫英女学院の監督のインタビュー

 全国高校駅伝女子で、大阪で初めて優勝した大阪薫英女学院の監督のインタビューを読みました。

 その中で、「練習は7分目を心がけている。自分が現役の時、直前までの猛練習で、本番では疲れて、力を出せなかった経験から」ということをお話されていました。この「7分目の練習」というのが、とても気に入りました。

 日本人は根性論が大好きで、やればやるだけいい、と思っている人がまだまだ多いのですよね。そうではない考え方の監督のところの学校が優勝して、うれしいです。

 弊社は、大阪にありますが、この学校のことは知りませんでした。これからもぜひ、がんばってください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月22日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:話題のこと

このページの先頭へ

イメージ画像