世界陸上をこんなにしっかりと見たのは初めてです

 私は、今まで世界陸上をテレビで見たことがほとんどありませんでした。世界陸上が大阪でおこなわれていたのも後で知ったほどでした。でも、今回の世界陸上2013モスクワは、何日間もけっこうしっかりとテレビで見ました。

 私は、陸上競技の中で、けっこう好きなのが、棒高跳びです。棒がしなってのびて、バーを超えていく時のシルエットが好きなのです。ロシアのイシンバエワ選手のことも今回初めて知りました。

 メダルから遠ざかってまた金メダルをとるというのは、本当にすごいことだと思います。どういう練習をされたのでしょうか。

 それから、マラソンにももちろん注目していました。女子マラソンも男子マラソンも両方見ました。

 川内選手には、入賞して欲しいな、と思っていました。川内選手は、「氷水をかぶった」とお話されていましたが、氷水はかぶった瞬間は冷たくなりますが、その後に、逆に暑くなるということはないのでしょうか。川内選手には、オリンピック出場をあきらめて欲しくないです。応援しています。

 今回、世界陸上を見て一番良かったことは、為末大さんに興味がわいたことです。以前に新聞広告で「走る哲学」の本が大きく出ていて、少し興味を持ちましたが、買いませんでした。でも、今回は買って読もうと思いました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月19日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:話題のこと

このページの先頭へ

イメージ画像