お菓子の包装紙

 最近は、お菓子の包装紙もすごく凝っていると思います。例えば、卵型のチョコレートは、昔は、たくさんの数が、ひと箱に入っているという感じでした。最近、同じ形のチョコレートが、1個ずつ包装されて大袋に入っているのが、販売されているのを見ました。

 1個ごとに包装紙を作って、それを包む作業というのは、機械がしているとはいえ、手間がかかるものです。

 ピーナッツやおかき系のお菓子でも、小袋に分けられた状態で、包装されて販売されているものが多いです。

 今は、細かな包装が、消費者に好まれているということですね。たしかに、細かく包装されていると、その包装をといて食べなければいけないので、食べすぎずにいいのですが。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:日常生活から

このページの先頭へ

イメージ画像