みずほ銀行のATMで通帳に重なって記帳されてしまい

 今日、みずほ銀行のATMへ、手許金を当座預金に入金に行きました。ただ、入金するなら、一瞬で終わるはずだったのですが、出てきた通帳を見ると、前に印字されているところに、今回の入金分が重なって印字されていました。

 私は、今までに何回も、ATMを使って入金していますが、こんなことは初めてでした。

 銀行の係りの人に言うと、「ATMでは、行を指定できないことがある」とまず言うので、「一体いつの時代の話?」と心の中で思っていました。

 結局どうしたか、というと、その重なった行を手で二重線と印鑑で取り消して、二回分の入金を手書きで記入してもらいました。

 重なって記帳された原因は、通帳の磁気が弱くなっていたことらしいです。次に、窓口で当座預金に入金する時に、磁気を入れることにしました。

 ただ、入金するだけのつもりが、かなり時間をとってしまいました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:会社の日常

このページの先頭へ

イメージ画像