ごみをできるだけ出さない梱包

 今日、Amazonのページを見ていましたら、Amazonフラストレーションフリーパッケージについて、書いてありました。

 Amazonの梱包は、ダンボールの底に1枚ダンボールをひいて、そこに商品をのせて、ラップでつつみこんでいるだけで、緩衝材がありません。これは、ゴミが出ずにとても助かります。

 私は、ほぼ100%通販で買い物します。会社によっては、緩衝材に新聞紙や発泡スチロールを使っているところもあります。

 新聞紙ですと、ごみの量がかなり多くなります。発泡スチロールにいたっては、普通ゴミとして出すことができません。特別なゴミ収集日に出さなければならず、かなり困ります。

 Amazonのシンプルな梱包を見て、弊社がシールを発送する時にも、昔は、緩衝材を入れていましたが、最近ではそれはやめて、Amazonのように、下に1枚ひいて、そこにシールをのせて、ラップをまくことにしました。

 緩衝材がいらなくなり、お客さんにとっても、ごみが増えずにいいと思いました。

ごみをできるだけ出さない包装

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年12月5日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:会社の日常

このページの先頭へ

イメージ画像