シールデザインにグラデーションを使うこと

 オリジナルシールを作成される際には、まずデザインを紙の版下かもしくはデータの場合には、イラストレーターのソフトで作成されたファイルが必要になります。

 お客さんからいただければ、版下代(イラストレーターデータ作成代)は無料です。弊社で作成する場合には、版下代(データ代)がかかってきます。

 実際は、お客さんからデータをいただくことが多いです。昔はイラストレーターのソフトがありませんでした。ですから、シールデザインにグラデーション(色が濃い状態から薄い状態に徐々に変わっていく)を使われることは少なかったです。

 でも、今はイラストレーターのソフトで、デザインの素人の方でも、簡単にグラデーションを描けるようになりました。ですから、グラデーションを多用する方も多いです。私自身は、文字をグラデーションにするというのは、ぼけたような印象で、見た目のインパクトが強くないので、あまり好みません。シールは、シールを見た人にインパクトを与えられてこそ意味があると思いますので。

 グラデーションの印刷は、点々の集まりです。近くで見ると分かります。もしも身の回りで、文字をグラデーション印刷しているシールを見かけられたら、顔をシールに近付けて、ご覧になってみてください。それと、パッとシール全体を見て、弱い感じがしませんか。
***オリジナルシールのお見積もり依頼は、下記までお願いします。
24時間以内(土日祝日は数えずに)にお返事します。
お急ぎの場合には、何時何分までに要返信と明記してください。***

尚英印刷(しょうえいいんさつ)株式会社
FAX 06-6754-2354 見積り依頼fax用紙
E-mail seal@shoeip.co.jp
見積り依頼フォーム

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像