テトロン

1枚からオリジナルシールを承ります

シール印刷専門会社です。昭和29年創業。尚英印刷株式会社  〒544-0001 大阪市生野区新今里1-12-22 TEL 06-6752-9881 担当者:嶋岡利恵(しまおかとしえ)

テトロンのシール材料

 テトロンは、水に強くやぶれない材料ですので、屋外に貼っても大丈夫です。

 

テトロンが耐えられる高い温度は、80℃までです。


下の写真は、「われもの注意」のシールが、つや銀テトロンで、200ミクロンの厚みです。


「取扱注意」のシールが、消銀テトロンで、50ミクロンの厚みです。厚みの違いが写真からお分かりになりますでしょうか。 写真では、分かりにくいかもしれませんが、実際にシールが貼られているものをご覧になると、厚みの違いがなんとなく 分かります。

 

「われもの注意」のシールがつや銀テトロンにピンク1色刷、「取扱注意」のシールが消銀テトロンに赤1色刷しています。つや銀テトロンは、 鏡のように物をうつします。ですから、「われもの注意」のところに、何かがうつりこんでいます。

 

テトロンは、何もご指示がなければ、通常は、50ミクロンの厚みのものを使います。200ミクロンの厚みのものは 非常にお高いです。50ミクロンのものの、2倍程度の価格になります。

 

ですので、弊社でも200ミクロンの厚みのテトロンに印刷するご注文は、めったにいただくことはありません。50ミクロンが標準です。


下の写真は、2種類のそれぞれのシールをめくっているところを撮影しました。厚みの違いがお分かりになりますでしょうか。目で見ていると 分かりにくいですが、手でつまむように触ると厚みの違いは、すぐに分かります。

 


テトロンのシールがよく使われる場所としましては、家電製品などです。家電製品に貼ってある銀色のテトロンのシールは、 たいてい50ミクロンの厚みです。

 

テトロンの材料に、文字を書いたり、スタンプを押される場合には、消銀テトロンの方が適しています。スタンプの場合は、 油性スタンプを、文字を書かれる場合には、油性マジックを使ってください。水性ペン、水性スタンプを使った場合、 指でこすると消えてしまいます。油性を使ってください。

 

シールの見積もり依頼をご希望の場合には、こちらのページから お見積もり依頼をお願いします。
営業品目のページへ戻る

 

この記事に関連する記事一覧

フェイスブックページ
  fbページ検索用ブログ
カテゴリー
動画とブログ
過去7日間の人気ページ
アクセスカウンター