駐輪シールという名前

先日、こちらのページで、「駐輪シール」という言葉を使った俳句の話をしました。

インターネットで、この俳句のことを見ていましたら、「学生時代、自転車にシールを貼っていたけれども、これが、駐輪シールという名前とは知らなかった。だから、フルーツポンチ村上さんの俳句を見ても、ビンと来なかった」という意見が何件かありました。

駐輪シールという名前を知らない方も、たくさんいらっしゃるのだな、と思いました。

こういうことを考えもしませんでした。名前を知らなければ、駐輪シールで、検索してくる方もないわけですから、名前を浸透させるということがとても重要なのだな、と今回初めて思いました。

 

タグ

2017年3月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:シールについて

駐輪シールを使った俳句

私は、バラエティ番組の「プレバト」が大好きで、毎週見ています。特に、俳句が好きです。

3月9日放送分では、特待生の、フルーツポンチの村上さんが、「卒業の駐輪シール並ぶ朝」という俳句を詠んでくださっていました。

駐輪シールという言葉を使ってくださったのが、とてもうれしかったです。弊社は、シール印刷専門会社ですので。

梅沢さん、石田さん、千原さんは、「駐輪シールが気に入らない」とお話されていましたが、私は「駐輪シールが、どうしてそんなに気に入らないのかな」と不思議でした。

夏井さんは、「駐輪シール」を絶賛されていて、村上さんは、1ランク昇格でした。

私は、俳句では、師範に最初になるのは、梅沢さんだと思っていますが、2番目は村上さんのような気がします。昇格していくスピードがかなり速いからです。

(2017年10月追記)
師範になる順番について、上記に書きましたが、村上さんと梅沢さんの間に、名人が数人いますので、村上さんが2番目に師範になるということは、ないですね。名人、特待生のみの俳句の戦いを見ていて、思い直しました。

タグ

2017年3月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:話題のこと

このページの先頭へ

イメージ画像