オリジナルシール作成の際の紙の版下

 弊社でオリジナルシールを作成する際には、まず版を作成します。版の作成は、版やさんに注文しています。
 その版やさんからのお知らせがきまして、「これからは、紙の版下を写真撮影して版を作成するということができなくなりました」とのことでした。つまり、1色刷の文字のみのデザインでも、イラストレーターデータを作成する必要があるということです。
 今まででしたら、お客さんがワードのソフトで作成されたものを紙にプリントアウトされて、それを郵送していただきましたら、版下として使うことができました。でも、これからはそれができなくなります。
 イラストレーターのソフトをお持ちでない方には、弊社でイラストレーターデータを作成します。
 データしか受け付けなくなるというのも、時代の流れかな、と思います。昔は、複数色の印刷の場合、紙の版下に薄紙をあてて、色鉛筆で色をぬって、版やさんに色分けの指示をしていましたが、こういうことも、もうまったくなくなります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像