空気がぬける

1枚からオリジナルシールを承ります

シール印刷専門会社です。昭和29年創業。尚英印刷株式会社  〒544-0001 大阪市生野区新今里1-12-22 TEL 06-6752-9881 担当者:嶋岡利恵(しまおかとしえ)

貼る時に空気が入らないように空気がぬけるシール

 普通のシール材料ですと、少し大きめのシールを曲面に 貼る場合、上手に貼らないと、空気が入って気泡が入った部分が 膨らんでしまいます。

 

 それを避けるために、シールを貼る時に空気が ぬける素材があります。「マトリクス」と言います。

 

 使われる場所としましては、食器洗い機や、携帯電話など 曲面の部分にシールを貼る時です。

 

 マトリクスの材料は、糊面が細かい格子状になっています。(下の動画でご覧ください) それで空気がぬけます。シール表面は、ツルッとしています。

 

 この材料は、普通の材料に比べまして、価格が高いです。ですから、 お客さんから「空気がぬける材料で」という指示をいただかないかぎりは、 こちらからおすすめすることはしません。

 

 今までに、普通のシールを 作成されて、シールを貼った時に、気泡が入って見た目がよくない、と いう経験をされて、どうしても気泡を入れたくないという場合には、 見積もり依頼時に、「空気がぬける材料で」と明記してください。

 

 マトリクスの材料の色は、「透明」「銀」「白」があります。 これ以外の色を背景にされたい場合には、インキで印刷します。

 

 なお、マトリクスのシール材料は、水に弱いです。マトリクスのシールを貼ったものを水で洗うと、シールは剥がれます。空気がぬけるということは、水もシールに入り込むからです。

 

 下の動画は、つや銀のマトリクスの無地シールを、赤い容器の側面(曲面)に貼っているところです。

 
 この下の動画は、普通のシール材料(空気がぬけない金色のシール)と、空気がぬける銀色のシール材料を曲面に貼ったところを比較しています。
 

 
 シールのお見積依頼はこちらからどうぞ。

 

営業品目のページに戻る

 

この記事に関連する記事一覧

フェイスブックページ
  fbページ検索用ブログ
カテゴリー
お問い合わせなど
アクセスカウンター