シール印刷

1枚からオリジナルシールを承ります

シール印刷専門会社です。昭和29年創業。尚英印刷株式会社  〒544-0001 大阪市生野区新今里1-12-22 TEL 06-6752-9881 担当者:嶋岡利恵(しまおかとしえ)

環境にやさしいシール

 

ここ数年、環境問題へ積極的に取り組む官公庁や企業が増えて、環境ISOである「ISO14001」を取得する企業が増加している現在、最終的に焼却あるいは埋立処分されているシールこそ、環境に優しい製品であるべきという考えのもと、下記のような材料ができあがりました。

 

「水酸化アルミニウム(*)配合の水酸化アルミタック紙」です。
これは焼却時に発生するダイオキシンなど有毒ガスを吸着し、発生を抑制する材料です。
この材料は、紙のみです。フィルムはありません。
(お見積り依頼の際には、「有毒ガスを吸着する材料」と書いてください。)

シールのお見積依頼をご希望の方へ

・ダイオキシン吸着の仕組み

水酸化アルミニウム(*)は加熱すると、活性アルミナに変化します。(600℃~1000℃)
焼却施設の焼却炉内の温度は、約800℃~1000℃になるように運転されているため、シール材料に含まれている水酸化アルミニウムは活性アルミナに変化します

 

この活性アルミナはミクロの穴がたくさん空いたいわばスポンジの様な「多孔質体」であるため、スポンジが水を吸うように活性アルミナが他の物質を取り込み、吸着する性能を持っています。
このため、焼却時にダイオキシンや塩化水素ガスなどの有害物質を吸着し発生を抑制する効果を発揮します。

*水酸化アルミニウムとは?

ボーキサイトを原料とした物質で、身近な商品としては、歯磨き粉や医療品の一部に使用されている人体にまったく害がない白い粉体です。

・活性アルミナはどのぐらい有害物質を吸着するのか?

例えば10cmX10cmのシール1枚で、約畳2.5帖間分もの表面積を持った活性アルミナが、有害物質を吸着します。


・活性アルミナは、活性炭と同様にすぐれた吸着材として、水道水の不純物除去や乾燥剤として広くしようされています。

・燃焼後の焼却灰中での活性アルミナの働きは?

燃焼後の焼却灰は回収され、埋め立て処分場に運ばれます。焼却灰に含まれる活性アルミナは、焼却灰中の鉛・亜鉛・水銀などの重金属も吸着し、雨水による土中への流出も防ぎます。

 

 

この記事に関連する記事一覧

フェイスブックページ

 

fbページ検索用ブログ

カテゴリー
お問い合わせなど
アクセスカウンター