静電気

1枚からオリジナルシールを承ります

シール印刷専門会社です。昭和29年創業。尚英印刷株式会社  〒544-0001 大阪市生野区新今里1-12-22 TEL 06-6752-9881 担当者:嶋岡利恵(しまおかとしえ)

静電気でくっつくシール

(追記:下記の文章を書いた後、静電気でくっつく材料は、なくなりました。今は、ほんの少し糊がついているシール材料しかありません。この材料は剥がした後、糊跡は残りません)

-- 

 

糊ではなく、静電気でくっつくシール材料があります。材料の色は、下の写真のように 透明のものと、白色のものがあります。静電気でくっつきますので、貼る場所としましては、 ガラス、鉄、プラスチックなど、静電気でくっつけることができる場所に限られます。

 

シールの大きさにつきましては、シール印刷機にかかる210mm*150mmが作成できる最大寸法です。 オフセット印刷機では、静電気でくっつくシール材料に印刷できません。

 

また210mm*150mm以内でも、ベタ刷りが多いなど、デザインによっては、印刷できないことがあります。お見積り依頼の際には、必ずデザインを添付してください。デザインの添付がない場合には、静電気でくっつく材料への印刷のお見積りは、できかねます。

 

↑屋外にある垂直状のガラスに静電気でくっつく
シールを貼り付けています。数日間雨に降られ
ましたが、とれずにくっついています。
↑もともと糊がついていませんので、もちろん
糊跡が残ることはありません。

 

このシールの使い道としましては、シールを剥がした時に、糊跡が残ると 困るものに使います。

 

例えば、メガネのレンズ、冷蔵庫の扉外側、宝飾品のショーケースに貼るなどです。家電製品に使いはじめの注意事項が書かれたシールが貼ってあるのも見たことがあります。

 

静電気でくっついていますので、長時間貼る用途には向いていません。シールを 剥がすことが前提の用途になります。

 

静電気シールには、耐光インキでの印刷はできません。ですので、屋外使用はできません。

 

静電気でくっつく材料代は、普通に糊でくっつくシール材料代よりも、お高くなります。

 

静電気でくっつくシールの見積もり依頼をご希望の場合には、こちらのページから お見積もり依頼をお願いします。

 

見積り依頼のページの「何の目的でお貼りになりますか。」の 欄に、静電気風シールを希望と明記してください。

 

 

営業品目のページへ戻る

 

この記事に関連する記事一覧

フェイスブックページ
  fbページ検索用ブログ
カテゴリー
動画とブログ
過去7日間の人気ページ
アクセスカウンター