シール印刷

1枚からオリジナルシールを承ります

シール印刷専門会社です。昭和29年創業。尚英印刷株式会社  〒544-0001 大阪市生野区新今里1-12-22 TEL 06-6752-9881 担当者:嶋岡利恵(しまおかとしえ)

水にぬれるとインキがにじむシール

普通のインキは、水にぬれてもにじみません。それに反して、水に濡れるとにじむインキがあります。インキの色は紅のみです。

 

シール材料は上質(普通のコピー用紙に粘着がついた白い紙)にしかこのインキはのりません。

 

携帯電話にシールが貼ってある画像 このシールは、携帯電話のカバーをはずしたところにも貼られています。左の写真の、紅の水玉模様のシールです。
青い携帯電話の方は、上部中央に、白い携帯電話の方は、「尚英印刷株式会社」のシールの 左斜め下にあります。
このシールがあることによって、携帯電話が故障した時に、携帯電話が水にぬれて故障したのか、 もしくはその他のことが原因で、不具合になったのかが分かるようになっています。 

携帯電話をお持ちの方は、カバーをはずして、ご覧になってみてください。
最近は、スマートフォンが増えてきていますが。

インキがにじんだところ 左の写真は、水にぬれるとにじむインキで印刷したシールです。
「X」がたくさん並んでいるデザインです。このシールが水にぬれると、一番右のシールの 中央あたりのように、インキがにじんだ状態になります。

 

水にぬれたかどうかの判別が必要な機械や装置に貼られるシールです。
このシールは、ほとんどの場合、10mm*10mm以下の小さい寸法で作成されます。大きいシールではどこから 水が漏れているか分からないためです。

 

このシールの寸法は、50mm*40mmくらいを作成できる最大の寸法の目安にしてください。A4の大きさの シールは、作成できません。

 

価格についてですが、水にぬれるとにじむインキは、非常に高いですので、どんなに少ない作成枚数でも、最低2万円かかります。

シールのお見積依頼はこちらからどうぞ。お見積もり依頼の際には、「水にぬれると にじむインキでの印刷を希望」と明記してください。

 

下の動画は、実際ににじませているところです。音なしです。約15秒。

営業品目のページに戻る

 

この記事に関連する記事一覧

フェイスブックページ
  fbページ検索用ブログ
カテゴリー
動画とブログ
過去7日間の人気ページ
アクセスカウンター